koko's cafe

ふらっと立ち寄れるカフェみたいな。そんなゆる~いブログです。

パリでの出来事

f:id:koko2017:20180615232622j:image

パリのサンジェルマンデプレにある「奇跡のメダイユ教会(Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse)」に行きました。

もちろんお目当ては、メダイユ!

家族やお友達へのお土産にと思っていました。

事前に調べた情報だと、閉館(?)時間は19時。

パリには帰国前日の夕方18時過ぎに到着予定でしたので、Montparnasse駅から教会最寄りのSèvres Babylone駅まで急げば十分間に合うと思っていました。

アンダイエからのTGVが5分ほど遅れ、モンパルナス駅に到着。

f:id:koko2017:20180615232604j:image

急いでメトロの方へ移動し、大雨の中なんとか18:50頃メダイユ教会に到着しました。

やったー!間に合った!と喜んで教会の敷地に入りました。でも、以前訪れた時の記憶の場所にメダイユの売店らしきものがなく、シスターに聞いてみると、売店はまさかの18:45クローズ。

教会は19時までですが、売店は早めに閉まるようです。かなりヘコみました。。。

でも、ここはフランス!ここはパリ!ここは教会!

ダメ元で、シスターにちょっとだけでも開けてもらえないかお願いしてみました。

そしたら、明日また来てみたら?ともっともなアドバイス

明日もパリにいるならもちろんそうするのですが、朝早くからCDGに向かうためパリを発つので再訪できないこと、さっきバスクからパリに着いたばかりで急いで来たこと、どうしても家族やお友達にメダイユをあげたかったことなどつたないフランス語で訴えると、シスターがちょっと待ってと室内に入って行きました。

もしや売店開けてくれる?と思っていたら、まさかの嬉しい&有難いハプニング!

なんとそのシスターが、ゴールドのメダイユを2つだけ譲ってくださいました。お金を払おうとすると、お金はいいから、ミサで祈っていってねと。

すごく感動しました!しっかりお礼を言って、台北のレトロノートをお返しにあげたら、とっても喜んでくれました。

そのあとミサに10分くらい参加して、教会をあとにしました。

本当はもっとたくさん欲しかったし、ブルーやビンテージっぽいメダイユが欲しかったのですが、シスターが好意で譲ってくださった2つのメダイユは貴重な気がして、なんだかとても重みがあって、その親切な対応に本当に感動しました!

この日のパリはすごい大雨で、約5時間の列車旅の後で、それだけでもかなり疲れていたのに、なんだか心があったかくなりました。

頂いた貴重なメダイユは、大切な人にあげようと思っています。